ご挨拶

南越谷法律事務所代表弁護士小池智康と申します。ホームページをご覧いただきありがとうございます。

南越谷法律事務所は遺産分割・遺留分トラブルや生前の相続対策等の相続に関する法律問題の一環として賃料滞納・明渡しトラブルに対応しています。

南越谷法律事務所は、遺産分割・遺留分といった相続トラブルや生前の相続対策に特化し、相続案件に関する法律問題に幅広く対応する法律事務所です。

相続案件では、その多くで不動産を扱うことになるため、本来の相続案件から派生して、不動産の有効活用・相続税対策で取得した収益物件(アパート・マンション)の賃料滞納・明渡しのご相談を受けることが多々あります。収益不動産の相続対策では、遺産分割・遺留分対策や相続税対策が重要視されていますが、収益不動産を適切に管理して次世代に引き継ぐことも重要です。また、遺産分割・遺留分のトラブルを解決した場合でも、その後は、次の相続を念頭において、承継した資産を適切に管理していくとことが必要になってきます。
このような意味で、収益不動産の賃料滞納・明渡しトラブルは広い意味での相続対策と結びついているため、南越谷法律事務所では、収益不動産の賃料滞納・明渡しトラブルに対応しています。

賃料滞納トラブルに有効な対策をとらないと、収益不動産の経営は徐々に悪化し、負のスパイラルにはまる恐れがあります。

収益物件の所有者は、通常、融資を受けて物件を購入し、賃料を返済原資としていますので、賃料滞納は重大な問題です。もちろん、毎月の返済額は、余裕をもって設定しているため、賃料滞納=融資返済が滞るということではありませんが、返済計画が狂うことにより、その後の物件取得や修繕計画にも支障がでるなど、じわじわと悪影響が広がっていく恐れがあります。
また、賃料滞納が続くことにより、収益物件の経営に対するモチベーションが下がり、物件管理がおろそかになり、空室率の上昇、賃料水準の低下という負のスパイラルに陥るケースもあります。

南越谷法律事務所は賃料滞納・明渡しトラブルのコストに配慮し、リーズナブルな弁護士費用を設定しました。

このような点で、賃料滞納は放置できない問題ですが、従来の弁護士費用の設定では、滞納賃料との比較でみると弁護士費用が高額すぎることが多く、これが弁護士に賃料滞納・明渡しを依頼することを躊躇させる要因となっていました。
そこで、南越谷法律事務所では、実務上もっとも件数が多いアパート・マンションの明渡し案件については、定額・リーズナブルな費用設定といたしました。
また、滞納・明渡し問題が解決しても、その原因を改めないかぎり、再度、同じ問題が発生することになります。そこで、案件解決後に、賃料滞納・明渡し問題への対応をアドバイスさせていただきます。

案件ごとのスポットのご依頼と顧問契約により継続的に賃料滞納・明渡しトラブルに対応することもできます。

収益不動産の管理は、日常的に法律問題が発生するため弁護士に継続的に気軽に相談をしたいという方向けに顧問弁護士契約という選択肢もご用意しています。賃料滞納・明渡しトラブルを顧問契約の費用で対応することも可能です。弁護士による継続的な関与が必要な場合は顧問契約をご検討ください(「おすすめします顧問契約」へ)。

収益不動産の賃料滞納・明渡しでお悩みの方は、南越谷法律事務所にご相談ください。

無料法律相談受付中

相談受付:0120-328-710(平日9:00~20:00)

営業時間:平日9:00~17:00

メールで相談予約365日24時間受付

LINEでのお問い合わせ

メールでの問い合わせに迅速に対応させていただきます。原則 24 時間以内にお返事いたします。